婚約破棄の慰謝料請求

・婚約していたのに,突然破棄された
・婚約相手が浮気したので破談になった
・婚約破棄で慰謝料請求できるのはどんなケース?
・婚約破棄で慰謝料請求するのに必要な証拠は?
・婚約破棄された場合の慰謝料の相場はどのくらい?

不当に婚約破棄された場合,慰謝料請求できる可能性があります。そのためにどのような条件が必要で,どういった証拠を集めたら良いのか,慰謝料の相場はどのくらいになるのか,恵比寿の弁護士が解説します。

1.婚約破棄でも慰謝料は発生する

婚約破棄された場合,慰謝料が発生するのでしょうか?

婚約は,男女が結婚の約束をすることです。通常婚約すると,人は将来の結婚に対して強い期待を抱きますし,引っ越ししたり仕事を辞めたりなど,結婚のためにさまざまな準備を行うことも多いです。

そのようなときに突然正当な理由なく婚約を破棄されると人は大きな精神的苦痛を受けるので,慰謝料が発生すると考えられています。婚約破棄の事案では一定の要件を満たせば慰謝料請求可能です。

2.婚約破棄で慰謝料請求できる条件

婚約破棄で慰謝料請求をするには,以下の2つの条件が必要です。

① 婚約が成立していた
② 一方的に,正当理由なしに破棄された

2-1.婚約が成立していた

婚約とは,将来結婚することを内容とする約束ですが,慰謝料請求するには単なる口約束だけではなく,外形的にも「婚約が成立していた」と証明できる状況が必要です。

たとえば以下のような事情があれば「婚約が成立していた」と考えられます。

・婚約指輪のやり取りがあった
・結婚式場の予約をしていた
・親や友人にも「結婚相手」として紹介していた
・結納の儀式を済ませ,結納金のやり取りをしていた

このように何らかの「婚約を示す事情」が必要であり,単に「結婚しよう」と言っていただけでは慰謝料請求は難しくなります。

2-2.一方的に合理的な理由なしに破棄された

次に婚約破棄が一方的であり,正当理由がないことが必要です。

たとえば婚約破棄の理由が,相手の暴力や浮気,非常識な行動や侮辱的な言動,障害者になってしまったことや治療困難な病気にかかったことなどであれば,婚約を破棄する正当な理由が認められるので慰謝料は発生しません。

また双方が合意によって婚約を解消した場合にも慰謝料請求はできません。

3.婚約破棄で慰謝料請求するための証拠

婚約破棄で慰謝料請求をするためには,証拠も必要です。どのようなものが有効な証拠となるのか,みてみましょう。

3-1.婚約の成立を証明する証拠

・婚約指輪の支払領収証や婚約指輪そのもの
・結婚式場への支払領収証やキャンセルの資料
・親や友人などの証言(陳述書)
・結納の儀式を行った際の写真や支払の領収証
・結納金を渡すため出金した記録や受けとった結納金

3-2.婚約破棄が不当であることを証明する証拠

婚約破棄の理由にもよりますが,たとえば婚約相手の浮気(不貞)を理由に慰謝料請求する場合には,婚約相手と浮気相手の肉体関係を示す資料が必要となります。浮気を示す資料としては,メールやSNS,写真や探偵の調査報告書などが有効な証拠となることが多いです。

なお不貞で慰謝料請求するためには,婚約相手と浮気相手が「男女の性関係」をもっていたことが必要です。単にデートをしていただけでは慰謝料請求は困難です。

4.婚約破棄の慰謝料の相場は?

婚約破棄で慰謝料請求できるとき,相場の金額は50~300万円程度です。以下のような事情があると,慰謝料の金額は比較的高額になります。

・交際期間が長い
・婚約期間が長い
・婚約破棄された側の年齢が高い
・婚約破棄された側が仕事を辞めてしまった
・婚約破棄された側が妊娠,中絶した

婚約破棄で慰謝料請求するとき,上記に当てはまる事情があれば積極的に主張していくべきです。

5.婚約破棄で慰謝料請求する手順

婚約破棄されて慰謝料請求するときには,以下のような手順で進めましょう。

5-1.相手と話し合う

まずは相手と話し合いをして,慰謝料を任意に支払うように求めます。相手に誠意があれば,法的な手続をとらなくても慰謝料を支払ってくれる可能性があります。

5-2.内容証明郵便を送る

相手にメールや電話などで連絡を入れても無視されるケースでは,内容証明郵便を使って慰謝料の請求書を送りましょう。

内容証明郵便を使うと,相手に慰謝料請求をした確実な証拠を残せますし,相手にプレッシャーをかけることも可能です。

相手の浮気によって破談になったケースでは浮気相手にも慰謝料請求できるので,両者に内容証明郵便を送ると良いでしょう。

請求書を送ったら,その後相手と交渉をして慰謝料の支払金額や支払条件を取り決めて,合意書を作成します。その後きちんと約束通りに入金が行われるかまで,きっちり確認すべきです。

5-3.損害賠償請求訴訟を起こす

内容証明郵便を送っても無視される場合や話し合いが決裂した場合には,相手に対して損害賠償請求訴訟(慰謝料請求訴訟)を起こす必要があります。相手の浮気で婚約が破談になった場合,浮気相手も一緒に訴えることが可能です。

訴訟では,婚約が成立していた事実やそれを不当に破棄された事実を証明する必要があります。相手が婚約破棄の正当事由を主張してきた場合には,それを覆す反証も必要です。

適切に主張立証できれば判決によって慰謝料の支払命令を出してもらえます。

 

不当に婚約破棄されると,とても傷つきますし相手を許せないと感じるものです。慰謝料請求されるなら,一度東京・恵比寿の弁護士までご相談ください。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。