W不倫(ダブル不倫)のリスクと解決方法

・不倫相手にも自分にも配偶者がいるので,トラブルが拡大して困っている
・不倫相手の配偶者から慰謝料請求されたので,こちらの配偶者から反対に不倫相手に慰謝料請求させたい
・慰謝料請求されていることを配偶者に知られたくない
・W不倫(ダブル不倫)しているけれど,できれば離婚したくない

不倫トラブルの中でも「W不倫(ダブル不倫)」はトラブルが拡大しやすいので注意が必要です。この記事ではW不倫(ダブル不倫)特有のリスクと解決方法について,恵比寿の弁護士が解説していきます。

1.W不倫(ダブル不倫)とは

W不倫(ダブル不倫)とは,「既婚者同士の不倫」です。女性側には夫がいて男性側には妻がいる場合をW不倫(ダブル不倫)と言います。

一般的な不倫のケースでは一方当事者のみが既婚者です。W不倫(ダブル不倫)になると,双方が既婚者なので離婚トラブルや慰謝料請求のトラブルが2倍になり,大きな混乱が生じやすいので注意が必要です。

2.W不倫(ダブル不倫)の場合,誰が誰に慰謝料請求できるのか?

W不倫(ダブル不倫)が行われたとき,誰が誰に慰謝料請求できるのか,整理しましょう。

基本的に「不倫された配偶者」は「不倫相手」に慰謝料請求できます。W不倫(ダブル不倫)の場合「不倫された配偶者」は2人,「不倫相手」も2人となり,両方の夫婦の「被害者(不倫された側)」に慰謝料請求権が認められます。慰謝料について男性・女性の区別はありません。

例えば,Aさん(男性)とBさん(女性)が不倫したとき,Aさんの妻はBさんへ慰謝料請求できますし,Bさんの夫はAさんへ慰謝料請求できます。

3.W不倫(ダブル不倫)の場合,慰謝料のクロス払いになる可能性がある

W不倫(ダブル不倫)の場合「夫婦」を単位としてみると,お互いがお互いへ慰謝料を払い合う結果とになります。不倫相手から慰謝料を払ってもらっても,こちらの配偶者が相手の配偶者に慰謝料を払わねばならないので,「クロス払い」となって意味がなくなる可能性があります。

慰謝料を回収するには多大な労力がかかります。内容証明郵便を送って交渉をして慰謝料を払わせても,結局自分の配偶者が慰謝料請求されてそのお金を取り戻されてしまったら,徒労です。

慰謝料請求を受けた場合にも同じことが言えます。こちらが相手に慰謝料を払うとしても,あなたの配偶者から相手の配偶者(不倫相手)に慰謝料請求させることが可能です。すると相手夫婦に払った慰謝料を取り戻す結果となり,慰謝料の払い合いになります。

4.W不倫(ダブル不倫)の解決方法

W不倫(ダブル不倫)で慰謝料トラブルを解決するには「4者間で和解する」方法が有効です。

4者とは,夫婦2名×2組です。

お互いがお互いに慰謝料請求をし合って払い合うのは意味がないので,「お互いに慰謝料は請求しない」という内容にして4人で和解して解決するのです。

このようにすれば,内容証明郵便を送り合ったり交渉をしたりして慰謝料トラブルを拡大させず,スピーディかつ穏便に解決できます。

また,「不倫関係を解消し,今後は一切関わらない」という約束をしておけば,お互いの配偶者も安心できるでしょう。

5.こちらの配偶者に不倫を知られていない場合

4者間の和解は有効な解決方法ですが,これができるのはどちらの配偶者にも不倫トラブルを知られているケースです。

相手の配偶者から慰謝料請求をされたとき,こちらの配偶者には不倫を知られていないのに4者間で和解するため不倫を知らせると離婚問題が発生してしまうおそれがあります。
できるだけ配偶者には知られないうちに穏便に解決してしまう方が良いでしょう。

ただし,配偶者に不倫トラブルを知らせても離婚問題に発展しなさそうな場合には,あえて知らせて4者間の和解に持ち込む方法もあります。あなたの配偶者に知らせずにあなただけが慰謝料を支払うと,こちらの夫婦だけが相手に支払いをすることになって経済的には損をしてしまうからです。状況に応じて判断しましょう。

6.配偶者に知られず不倫トラブルを解決する方法

不倫トラブルを配偶者に知られないように解決するには,弁護士に代理交渉を依頼する方法が効果的です。

慰謝料請求に自分で対応する場合,相手から電話やメールなどの連絡が来ますし自宅宛に内容証明郵便などの書類が届いて配偶者に見られてしまうリスクが高くなります。

弁護士に依頼すれば相手からの連絡はすべて弁護士宛に届き,相手との交渉などのやり取りもすべて弁護士が行います。ご本人に直接の連絡が来なくなるので,配偶者に知られるリスクは大きく低下します。

7.配偶者に知らせずに慰謝料を払った場合の注意点

配偶者に不倫トラブルを知らせずに慰謝料を払って解決した場合でも,後に配偶者に不倫を知られてしまう可能性は残ります。その場合には,配偶者が不倫相手に慰謝料請求できますし,離婚トラブルが発生するリスクもあります。

8.どちらかの夫婦が離婚する場合

W不倫(ダブル不倫)が発覚すると,夫婦関係が不和となって離婚トラブルが発生するケースもあります。

どちらかの夫婦が離婚する場合には4者間の和解による解決方法は難しくなります。

離婚すると夫婦の家計が別になり「お互いの夫婦がお互いに払い合う」結果にはならないからです。

例えば,AさんとBさんが不倫していてAさん夫婦のみ離婚する場合を考えましょう。Aさんの妻はBさんに慰謝料請求し,Bさんの夫がAさんに慰謝料請求します。

Aさん夫婦は離婚するので,Bさんの夫がAさんに慰謝料請求してもAさんの妻に経済的な損失はありません。またBさんからはきちんと不倫慰謝料を支払ってもらって離婚後の生活資金などにする必要もあります。

さらに,離婚する場合には離婚しない場合よりも高額な慰謝料が認められます。離婚すると慰謝料の相場が100~300万円程度となりますが,離婚しない場合には50~100万円程度です。「クロス払い」などと考えて「お互いに請求しない」とすると,離婚する側が不利になる可能性が高くなります。

どちらかの夫婦が離婚する場合には,通常4者間の合意ではなく個別に離婚問題と慰謝料トラブルを解決していく必要があります。お一人で離婚と慰謝料の両方のトラブルを解決するのは大変なので,早めの段階で交通整理のため弁護士に相談されるようお勧めします。

 

当事務所はW不倫(ダブル不倫)などの困難なケースも含め,男女問題に積極的に取り組んでいる恵比寿の法律事務所です。4者間の和解,配偶者に知られず解決する方法,離婚トラブルが発生した場合など状況に応じて最適な対応をいたしますので,不倫トラブルでお困りの方はお早めにご相談下さい。

 

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。