「サレ妻」になったあなたへ弁護士が伝えたいアドバイス

夫に不倫された…

誰よりも信頼していたパートナーに裏切られると非常に辛いものです。もしも「サレ妻」になってしまったら,これ以上不利益を大きくしないために「やっておくべきこと」があります。

この記事では「サレ妻」になったあなたへ弁護士が伝えたい「今やるべきこと」「やるべきではないこと」「離婚や慰謝料」についてのアドバイスをお話しします。

1.サレ妻になったときにやるべきこと

サレ妻とは,一般的に夫に不倫された妻を表します。不倫「サレ」たので「サレ妻」といいます。もしも夫に不倫されたら,以下のような行動から始めましょう。

1-1.証拠集め

まずは夫の不倫に関する証拠が必要です。将来夫や不倫相手に慰謝料請求する際にも夫と離婚の話をする際にも,不倫の事実を証明できるかが鍵となります。証明できれば大幅に有利になり

ますが,証明できなければ慰謝料0円で放り出され「夫と不倫相手がめでたく再婚」といった最悪の事態にもなりかねません。

そのような結果を避けるため,綿密に証拠集めをしましょう。

1-2.生活費の確保

不倫した夫は,いつ何時家を出て行くかわかりません。「離婚してくれ」などと迫られて妻が拒絶していると,生活費を止められるケースも多々あります。

夫の不倫に気づいたら,当面の生活費を確保する必要があるといえます。あなたご自身が働いているなら給料は手元に貯めておきましょう。専業主婦の場合,夫の給与振込口座から自分名義の口座へ必要な分のお金を移し替えておくと安心です。

1-3.離婚するか考える

夫が不倫しているなら,あなたの方から離婚請求できます。ただ子どもが小さいなどの事情があって離婚を躊躇するケースも少なくありません。夫の方も一時的に魔が差しただけなら,戻ってくる可能性があります。

離婚のメリットとデメリットを合わせ考えて,離婚するのが得策か検討しましょう。

1-4.弁護士に相談する方法も

どうやって不倫の証拠を集めれば良いかわからない場合,慰謝料をどのくらい請求できるのか知りたいとき,離婚した方がよいのか迷った場合など,弁護士に相談すれば適切なアドバイスを受けられます。一人で抱え込んでいると辛い気持ちになりますが,理解のある専門家に打ち明けることで精神的にも楽になるものです。

サレ妻となってどうすれば良いかわからなくなったら,まずは一度弁護士に相談してみてください。

2.サレ妻になったとき,やってはいけないこと

サレ妻になったとき,以下のようなことはすべきではありません。

2-1.不倫相手への名誉毀損

不倫されると腹が立って,不倫相手に嫌がらせをしてしまう方が非常にたくさんおられます。

・ネット掲示板やブログ,SNSなどに「不倫している」など誹謗中傷の投稿をする
・相手の職場へ「御社の〇〇さんが不倫している」など嫌がらせの電話をかける
・相手の家の近くに行って騒ぐ,マンションの集合ポストに「不倫している」などのビラを投函する

上記のような名誉毀損的な行為をすると,相手から慰謝料請求されたり刑事告訴されたりするおそれがあるので,してはいけません。

2-2.不倫相手の職場への怒鳴り込み

職場不倫のケースでは,サレ妻が夫と不倫相手の職場に行って「主人と〇〇さんが不倫しています!」と騒いだり「〇〇さんを辞めさせてください!」などと訴えたりするケースが少なくありません。

しかし,このような行為も名誉毀損となる可能性がありますし,不倫しても退職を強要することはできないので,してはいけません。

2-3.不倫相手への暴行や強迫,恐喝

不倫されたことに腹を立てて不倫相手に暴行を振るったり,「あんたの家を燃やす」「あんたの家族もめちゃめちゃにしてやる」などと脅したり「慰謝料を払わないと職場にバラす」などと恐喝したりする方がおられます。

しかし,こういった言動は犯罪であり,刑事事件にもなりかねないので,してはいけません。

3.サレ妻が夫と不倫相手に請求できる慰謝料はどのくらい?

夫に不倫されて「サレ妻」となったときには,夫や不倫相手に慰謝料請求できます。

不倫は違法で,民法上の「不法行為」になるからです。夫と不倫相手は「連帯責任」を負うため,サレ妻となったあなたは相手方二人に全額の慰謝料を求めることが可能です。

不倫の慰謝料相場は,夫婦が離婚するかどうかで大きく変わってきます。

3-1.離婚する場合の慰謝料相場

離婚する場合,慰謝料は比較的高額になり相場は100~300万円程度です。婚姻期間が長いほど高額になる傾向があります。

3-2.離婚しない場合の慰謝料相場

離婚しない場合,慰謝料は比較的低額になり100万円以下になるケースが多数です。

4.サレ妻になったら離婚するかしないかはあなた次第

サレ妻になると夫から「離婚してくれ」と迫られるケースがありますが,応じる必要はありません。なぜなら不倫した配偶者は自ら相手に離婚請求できないからです。

「不倫して婚姻関係を破綻させておきながら身勝手に離婚請求するのは認めない」という法律の考え方があります。このように婚姻関係を破綻させた配偶者を「有責配偶者」と言います。

不倫した夫は有責配偶者なので,夫が妻に訴訟で離婚を求めても,妻が受け入れない限り離婚請求は棄却されます。

一方,不倫された側は相手に離婚請求できます。サレ妻となって夫と離婚したければ,まずは離婚協議や離婚調停を行いましょう。話し合いで解決できないときには家庭裁判所で離婚訴訟を提起しましょう。

つまり,夫に離婚されたとき,離婚するかしないかは「妻次第」となります。あなたが離婚したければ離婚を進めると良いですし,離婚したくなければ夫がどんなに離婚を求めても受け付けなければ離婚にはなりません。離婚にはメリットもデメリットもあるので,状況に応じて対応方法を選択しましょう。

5.離婚をお勧めするケース

一般的に,以下のような状況なら離婚を検討すべき,あるいは検討しても損にはなりにくいといえます。

・夫への気持ちがまったく残っていない
・十分な財産分与を受け取れる
・夫や不倫相手に資力がありきっちり慰謝料を払ってもらえる
・離婚後の生活について目途が立っている

6.離婚をお勧めしないケース

以下のような状況であれば,すぐに離婚せずに様子を見てみる方が良いでしょう。

・夫は一時の気の迷いで不倫しているだけで戻ってくる可能性が高い,既に不倫相手と別れている
・子どもが小さいのでどうしても離婚したくない
・別れた後の生活に不安がある

離婚するケースでもしないケースでも,状況を有利にするには必ず不倫の証拠が必要です。証拠がなければ「不倫はないもの」として扱われるので慰謝料も請求できません。夫による身勝手な離婚請求が認められてしまう可能性もあります。

 

当事務所には,不倫事案を数多く解決してきた実績があります。サレ妻になってしまったとき,まずは弁護士に今後の対応を相談してみてください。

 

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。