他人のイラストをホームページに使用した著作権侵害に対して、通常より高額の損害賠償が認められた事例

事案の概要

Xさんは、建築物や建築物群のイラストレーターで、自分のホームページにも自作のイラストを掲載していました。ふとしたきっかけで、このイラストが、全国各地の多数の中小工務店のホームページに使用されていることが分かりました。悪質なホームページ制作業者の仕業です。Xさんは、侵害を排除するために当事務所を訪問されました。

解決までの流れ

当事務所は、まず、Xさんのイラストを使用しているすべての工務店に照会状を送り、損害賠償請求をしないことを条件に、ホームページ制作業者の社名、制作代金等の情報を収集しました。

こうして、侵害の中核をなすY社を特定しました。次に、Y社を相手取り、損害賠償請求訴訟を提起しました。Y社が法外に高額な制作代金を得ていたことから、Y社に対し、使用料相当額ではなく、得た利益(侵害者利益)を賠償すべきであると主張しました。

裁判所は、和解を勧めました。その内容は、Y社は、Y社が得た利益に近い金額を支払うという内容でした。裁判所はY社を強く説得し、和解がまとまりました。

コメント

写真や絵画・イラストの著作権侵害の場合、一般的には、いわゆるフォトライブラリーの販売価格を参考にして損害賠償額が定められます。本件では、侵害者が法外な利益を得ていたことから、裁判所は通常通りの賠償額では足りないと考えたのでしょう。和解という手段により、通常より高額の賠償を認めさせたと考えられます。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。