無過失主張の加害者に80%の過失を認める判決を獲得した事例

事案の概要

Xさんは、駅のロータリー内を走行していたとき、ロータリーの停車レーンから、車を発進させたYさんと接触する事故に遭いました。Xさんは、自らの過失は低いと主張しましたが、Yさんは、Xさんの一方的な過失により本件事故が発生したと主張しました。最終的に、話し合いでは過失割合に折り合いがつかなかったため、Yさんは、Xさんに対して、訴訟を提起しました。そこで、Xさんは、弊所の弁護士に訴訟対応を依頼されました。

解決までの流れ

受任後、弊所の弁護士は、Xさんから事故状況を詳細に聴き取り、事故現場の状況や双方の車両の損傷状態を検討しました。そして、訴訟では、本件事故について、Yさんの過失は大きく、Xさんの過失は低いことを証拠に基づいて主張しました。

訴訟における和解でも、Yさんは過失割合について譲らなかったため、判決まで進むことになりました。

その結果、Yさんに80%の過失を認める判決が言い渡されました。

コメント

過失割合が争いになった交通事故事案では、訴訟外の交渉でまとまらず、訴訟に発展することも少なくありません。その場合、訴訟において、証拠に基づいて、事故状況等を適切に主張していかなければいけません。交通事故の当事者となり、相手方と過失割合の意見にくい違いがでてきたときは、一度弁護士にご相談されることをおすすめします。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。