有責配偶者が、慰謝料を250万円減額して離婚できた事例

事案の概要

会社経営のYさんはXさんと結婚しましたが、Yさんは職場の同僚であるAさんと2年間に渡り不貞をしていました。

Xさんに不貞が発覚し、Xさんから400万円の慰謝料を請求され、困ったYさんは当事務所に相談に来られました。

解決までの流れ

Xさんは弁護士を通じ、慰謝料のみならず財産分与も請求してきました。当事務所の弁護士はYさんには分与するような資力がないこと、会社の財産は分与の対象とはならないこと等を主張した上で、慰謝料についても粘り強く減額交渉を行いました。

そうしたところ、YさんがXさんに対し、慰謝料として150万円を支払うという内容で離婚が成立することになりました。

コメント

基本的に有責配偶者からの離婚の請求は認められないことから、有責配偶者は離婚協議において不利な立場に立たされます。

しかし、弁護士が間に入ることで交渉を少しでも有利に進めることができますし、適切な範囲で財産分与を行ったり、慰謝料を支払うことが可能になります。

Yさんは、早期に弁護士に依頼することで、満足のいく結果を得ることができました。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。