暴行罪で現行犯逮捕された依頼者が、弁護士に依頼後すぐに釈放され、不起訴処分になった事例

事案の概要

Aさんは、同僚とお酒を飲んだ帰り、駅構内でVさんとぶつかり、口論となってVさんを投げ飛ばしてしまいました。Aさんは、駆け付けた警察官に暴行罪で現行犯逮捕されてしまいました。

解決までの流れ

当事務所の弁護士は、勾留決定直後のAさんと接見しました。Aさんは、自身の行為を深く反省する一方で、今後どうしたら良いかわからない様子でした。

弁護士は、Aさんの反省状況を踏まえ、Aさんが置かれている状況や、今後の流れについて説明した上で、Aさんが取るべき行動をアドバイスしました。

接見から帰った弁護士は、すぐにVさんと連絡を取り、Aさんが深く反省していることや、AさんがVさんに慰謝料の支払いを希望していること等を丁寧に説明しました。そうしたところ、Vさんは示談に応じて下さることになりました。

弁護士は、示談が成立したことを検察官に報告し、検察官は、Aさんをすぐに釈放し、不起訴処分にしました。

コメント

Aさんは、当事務所の弁護士に依頼した翌々日には、釈放されました。すぐに弁護士に依頼することで、早期の釈放が実現できます。

Aさんは、当事務所の弁護士に依頼することで、満足の行く結果を得ることができました。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。