サブリース契約におけるトラブルを解決した事例

事案の概要

Aさんは、不動産業者であるX社から投資用物件としてマンション1室を購入しました。
併せてX社との間でサブリース契約を締結しました。

X社は、本件マンションをBさんに賃貸(転貸)していました。

ある日、Aさんの元に、サブリース契約の賃借人たる地位をY社に承継させるという内容の通知書がX社から届きましたので、Aさんは同封されていた管理会社移行に関する同意書に署名し返送しました。
本件同意により、サブリース契約の相手方がX社からY社に移行しました。

その後しばらくの間はY社から賃料の入金がありましたが、途中から入金が途絶えてしまいました。
また、Y社にも連絡がつかなくなり、Aさんは本件マンションの賃料を得ることができなくなってしまいました。

Aさんは、この問題の解決を図るべく、当事務所に相談されました。

解決までの流れ

担当弁護士は、まず、Y社に対しサブリース契約の解除を通知しました。

そのうえでBさん(マンションの賃借人)に対し、以後の賃料についてはAさんに支払うことを書面で通知しました。

これに対し、Bさんは、賃料の正当な支払先がよくわからない、余計なトラブルには巻き込まれたくないと支払を留保しました。
担当弁護士は、様々な証拠を示してBさんに説明を行なうことで本件トラブルについてBさんに納得してもらい、以後の賃料はAさんに支払うことを約束してもらうことができました。

コメント

Y社には目ぼしい資産がなく、Aさんに未払になっている賃料については回収を図ることは困難でした。

賃借人であるBさんに、以後の賃料をAさんに直接支払うことを応じていただけたのがせめてもの救いでした。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。