交通事故を起こしてしまった依頼者が、賠償額を大幅に減額できた事例

事案の概要

Yさんは自動車を運転中、車線変更をしたことで、変更先の車線を走行するXさん運転車両と接触しました。
Xさんから訴訟を提起され、困ったYさんは当事務所に相談に来られました。

解決までの流れ

本件の大きな争点は過失割合でした。
当事務所の弁護士はYさんに非があることは争わないものの、Xさんの運転にも問題があったのではないかと考え、類似の裁判例も調べた上で、Xさんの過失を主張しました。
Xさんは自身の運転に一切問題は無かったと反論しましたが、裁判所もある程度のXさんの過失を認め、結局、双方納得がいく形で和解が成立しました。

コメント

交通事故の訴訟を提起された場合、まずは弁護士にご相談ください。弁護士に依頼することで、自身に有利に訴訟を進めることが可能になります。
Yさんは当事務所に依頼することで、満足する結果を得ることができました。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。