主婦休損の金額を保険会社の提示額から3倍に増額できた事例

事案の概要

自動車を運転中のAさんは赤信号で停車中に追突事故に遭ってしまいました。
この事故で、Aさんは頚椎捻挫・腰椎捻挫の怪我を負い、約半年間の通院加療を余儀なくされました。
通院を終え、保険会社から示談提示を受けたAさんは、主婦休損の金額に納得出来ず、今後の示談交渉の手続きを任せたいと思い、当事務所にご来所されました。

解決までの流れ

Aさんから依頼を受けた弁護士は、Aさんが家事従事者として働く実態を聴取し、主婦休損としての改めて休業損害を請求しました。
保険会社は、Aさんが医師から就労制限をされていなかったことを理由に、主婦休損を大幅に減額した金額を提示していました。
弁護士は、一般的に医師は家事従事者に就労制限を指示することはないことや、通院中は実際に家事労働に従事できない時間が発生していたことを主張し、主婦休損の増額を要求しました。
何度か交渉を重ねた結果、保険会社は最初の提示額より3倍に増額することを同意し、Aさんは納得して示談することが出来ました。

コメント

主婦の方の場合、交通事故で怪我をすると、女性平均賃金を基に主婦としての休業損害を請求できるのが特徴です。
本件は、保険会社の都合の良い解釈で一方的有利な金額で算出した休業損害の提示がありましたが、弁護士が交渉することで、スムーズに当方の主張が認められた事案でした。
主婦の休業損害の交渉について悩まれている方は、当事務所にご相談ください。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。