約1200万円の負債について任意整理をした事例

事案の概要

Aさんは、主に職務上の接待交際費のために多額の借入を行い、最終的に9社に対し1200万円近くの負債を負うに至りました。

いつまで経っても減らない債務の問題を相談すべく、Aさんは当事務所に相談されました。

解決までの流れ

Aさんにお話をお伺いしたところ、破産や個人再生ではなく、任意整理で解決したいとの希望でした。
また、Aさんの給与体系が賞与偏重型であったこと、毎月の給与からもある程度の返済原資を確保することが可能であったことから、賞与時高額返済を前提とした任意整理で解決することとしました。

コメント

高額の債権を有する債権者5社に対しては、年2回の賞与時に高額弁済を行うことを前提に和解交渉を進めました。
賞与を含めて返済計画を算定する必要があること、債権者間の公平(バランス)を取らなければならないことから非常にテクニカルな交渉とはなりましたが、最終的に、債権者8社と将来利息をカットしての和解を、1社とは約定利率よりも低い利率の利息付与を内容とする和解を締結することができました。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。