コンビニで窃盗をした依頼者が、不起訴になった事例

事案の概要

Aさんは、コンビニで万引きをしてしまいました。
Aさんは現行犯逮捕された後、釈放されましたが、コンビニの関係者に謝罪したいと考え、当事務所に相談に来られました。

解決までの流れ

当事務所の弁護士は、すぐにコンビニのオーナーと連絡を取りました。オーナーは寛大な方でしたが、Aさんが本当に反省しているのか気になるようでした。そこで、弁護士は再度Aさんと協議しました。Aさんは自身の反省の気持ちを伝えるべく、謝罪文を作成しました。

弁護士はすぐにオーナーへ謝罪文を送り、Aさんが反省していることを伝えました。オーナーは手紙を通じてAさんの気持ちを汲み取ってくださり、示談に応じてくださることになりました。

弁護士は示談までの経緯を検察官へ報告したところ、検察官はAさんを不起訴にしました。

コメント

犯罪をしてしまったら、まずは弁護士にご相談ください。弁護士が間に入ることで、加害者にとっても被害者にとっても適当な解決が可能になります。

Aさんは当事務所に依頼することで、満足する結果を得ることができました。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。