男女問題(不倫,浮気,婚約破棄,貞操権侵害)

  • 丁寧な聞き取り
  • 迅速な対応
  • 随時報告

1 状況に応じた適切なアドバイス

  • 夫や妻が不倫している
  • 不当に婚約を破棄された

慰謝料請求をするためには,いろいろな準備が必要です。
まずは慰謝料を請求できるケースかどうかの見極めをしなければなりませんし,慰謝料が発生するとしても「証拠」が必要です。また請求する慰謝料の金額をどのくらいに算定すべきかも問題です。

法律的な知識の無い状態では,どのように動いて良いかわからないケースも多いでしょう。
自己判断で行動すると,後に思わぬトラブルを引き起こしたり不利益を受けたりすることがあります。

弁護士に相談すると,状況に応じた適切なアドバイスを受けられます。たとえば本当に慰謝料が発生しているか,時効にかかっていないか,相手から抗弁されそうな事情はないか,どういった証拠を集めるべきかなど,具体的な助言を聞けるので,それをもとに正しい対応をとることが可能となります。

このことで,慰謝料請求をより有利に進めることができるでしょう。

2 証拠の集め方をアドバイス

不倫相手に慰謝料請求するとき,多くの方が「どうやって証拠を集めたら良いのだろう?」という壁に当たるものです。
慰謝料請求の際,証拠がなかったら相手に「しら」を切られてそれ以上請求できなくなってしまうので,確実な証拠が必要です。
弁護士に相談をすると,ケースごとに適切な証拠の集め方のアドバイスを受けられます。既に手元に証拠を持っている場合には,それにどのくらいの証拠価値があるかの評価も可能です。
このように,弁護士とともに準備を進めることにより,より確実に高額な慰謝料獲得へとつなげていけるのです。

3 慰謝料を請求された!そんなときにも弁護士にご相談を

男女問題では,慰謝料を請求するばかりとは限りません。ときには不倫をして慰謝料を請求されることもあるでしょう。婚約を解消したら「不当破棄」と言われて慰謝料請求される可能性もあります。
そのようなときにも,すぐに弁護士へご相談下さい。相手の請求内容が正しくないケースでは,請求権がないことを主張して退かせることも可能です。
相手に請求権がある場合でも,必ずしも請求金額が適正とは限らないので相場の範囲まで下げさせることができますし,状況によってはそれ以下に減額させることも可能です。

一括払いが困難なケースでは,交渉によって長期分割を受け入れさせられるケースも多数あります。

  • いきなり内容証明郵便で高額な慰謝料を請求された!
  • 差押えをされるかも知れない…

そんなとき,一人で抱え込まずに弁護士までご相談下さい。

4 精神的ストレスを軽減

男女トラブルに巻き込まれると,どのような方でも大きな精神的ストレスを感じるものです。
たとえば不倫相手に慰謝料請求をしたら,相手が開き直って「離婚してください」「お金がないから慰謝料は支払いません」などと言ってきたりすることもあります。
配偶者との離婚問題が同時に勃発し,慰謝料トラブルと離婚問題の二重のストレスがかかるケースも少なくありません。

反対に慰謝料請求された場合にも,「こんなに多額の慰謝料を払わねばならないのか?」「話し合いが決裂したら裁判になる?給料を差し押さえられる?」などと心配になりますし,相手からまるで犯罪者であるかのように扱われて気分が落ち込む方もおられます。

相手との直接交渉にはどうしても強い精神的負担を伴うものです。
弁護士を代理人に立てたなら,弁護士が相手とやりとりをするので,依頼者様は直接相手と連絡を取り合う必要がなくなります。相手からの言葉を聞くことがなくなれば,ストレスも大きく軽減されるでしょう。

5 繊細な対応を要求される男女問題は当事務所にお任せ下さい

男女問題は,当事者の方にとって非常にセンシティブな問題であり,関与する弁護士にもデリカシーやきめ細かい配慮が求められると考えています。
当事務所の弁護士がご相談をお伺いする際には,プライバシーへの配慮はもちろんのこと,親身になって丁寧にお話をお聞きするよう努めております。
権利侵害を受けて慰謝料請求をしたいお気持ちがあるなら,泣き寝入りする必要はありません。離婚するかしないかについてのご相談や,離婚する場合のサポートなども合わせてお受けいたします。一人で抱え込まずに,恵比寿の弁護士法人鈴木総合法律事務所まで,お気軽にご相談下さい。

費用

費用はこちらをご覧ください。

コラム

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。