浪費とカードの不正使用被害による約400万円の負債を0円にした事例

事案の概要

Xさんは、アイドルグッズやスポーツのひいきチームの応援グッズを、クレジット払いを使用して購入しておりました。支払方法をリボ払いや分割払いにしていたため、ショッピングでの負債額は約300万円でした。

そんななか、自宅に空き巣が入り、自宅で保管していたクレジットカードを盗まれ、不正に利用されてしまいました。

この不正利用は保険適用対象外とのことでカード会社から支払いを求められたことから、Xさんは当事務所に相談されました。

解決までの流れ

まず、犯人が行方不明であり被害額の請求ができないこと、仮に犯人が逮捕されたとしても被害額を請求・回収することはまずできないことを説明しました。そのため返済をしていく必要があるのですが、被害額の大きさもあって既存の300万円の負債と併せると返済をするのは難しい状況にありました。

本件では破産手続きをもって、既存の負債と併せて処理をした方がよいと提案し、破産手続きのメリット・デメリットを説明したところ、Xさんは破産手続をすることを決めました。

コメント

Xさんが負債を増やした要因にグッズ購入という浪費行為がありました。免責不許可事由に該当する行為ではありましたが、浪費をしてしまった過去を猛省していること、現在は浪費を止めていること、をしっかりと説明した結果、裁量免責という形で免責を得ることができました。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。