金融機関から70万円の支払の請求をされた依頼者が,時効を援用して債務をゼロにした事例

事案の概要

会社員のXさんは,約6年前に,A社から50万円借りました。A社は定期的にXさんに対し,葉書で支払いを催促していましたが,Xさんが長期間返済をしなかったため,Xさんに対し,支払督促をしました。Xさんは,自身の債務が,既に時効になっているのではないかと考え,当事務所に相談に来られました。

解決までの流れ

支払督促は,2週間以内に異議を申し立てないと判決が確定してしまうため,当事務所の弁護士は,受任後すぐに簡易裁判所に対し,異議を申し立てました。同時に,A社に対し,Xさんとの取引履歴の開示を求めました。その結果,Xさんの最終返済日からすると,Xさんの債務は,既に時効が完成していることが判明しました。

その後,A社は通常訴訟まで提起してきましたが,当事務所の弁護士が,時効援用の通知書をA社に対し送付したところ,A社は訴えを取り下げ,Xさんの債務はゼロになりました。

コメント

金融機関から借り入れ,返済をせずにいると,金融機関から葉書が届き,定期的に支払いを催促されることがあります。確かに,催促された後,訴訟を提起されるなどすれば,時効の完成が遅くなりますが,催促されるだけでは,法律上の「催告」には該当せず,その後いくら金融機関が催促しようと時効期間は伸びません。

多くの方は,葉書が定期的に届いているから,時効が伸びていると考えてしまい,不必要に返済をしてしまうケースがありますが,実際は,Xさんの場合のように,時効が完成しているケースもあります。Xさんは,弁護士に相談することで,不必要な支払いを免れ,債務をゼロにすることができました。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。