円満離婚に際し、オーダーメイドの離婚協議書を作成した事例

事案の概要

Xさんご夫妻は、性格の不一致から離婚することを決めました。ところが、お二人とも、今後の取り決めについてどうすれば良いかわからず、また、自身の言い分を的確に相手へ伝えることができるか不安でした。

そのため、離婚の話し合いに際し、弁護士に立ち会ってもらった上、離婚協議書の作成を依頼するため、当事務所に相談に来られました。

解決までの流れ

当事務所の弁護士は、まずはご夫妻のお話し合いに立ち会いました。立ち合いに際しては、どちらか一方の肩を持つことなく、求められれば一般的、中立的な意見を提供し、スムーズにお話し合いが進むようにサポートしました。

ご夫妻のお話し合いがまとまったところで、お二人の言い分を形にする協議書の作成に着手しました。協議書の作成に当たっては、一般的に使用される条項だけではなく、ご夫妻の言い分に沿った独自の条項も取り入れ、いわばオーダーメイドの形で行いました。その後、ご夫妻は協議書を公正証書化することにし、当事務所の弁護士が公証役場との折衝も受け持ちました。

コメント

円満離婚をするとはいえ、決め事は多くあります。協議に際し、弁護士が中立的に立ち会うことで、話し合いをスムーズに行うことができます。また、協議書の作成についても、意見さえ言っていただければ、弁護士が中立的な立場からその意見についてコメントした上、協議書に落とし込みますので、慣れないことに頭を悩ませる必要がなくなります。

Xさんご夫妻は、当事務所の弁護士を活用することで、満足の行く協議書を作ることができました。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。