治療中から弁護士がアドバイスをして適切な賠償金を受け取ることができた事例

事案の概要

Aさんは駐車場内で停車中、突然、後方から自動車に衝突されました。この事故により、Aさんは、頚椎捻挫等の怪我を負い、その後、約10か月もの間、治療を余儀なくされました。まだ治療を始めて間もないくらいの時期でしたが、保険会社の対応等に不安を感じたAさんは、将来の示談の際に適正な賠償を受けたいとご相談されました。

解決までの流れ

治療を続けていく中で、保険会社が治療の打ち切りを言い出すこともありましたが、主治医の協力を取り付け、Aさんは治療を継続することができ、事故から10か月後、症状固定となりました。

Aさんには、痛みやしびれ等の症状が残ってしまったため、後遺障害の等級認定の申請を行ったところ、14級9号の認定を受けることができました。

その後の示談交渉では、主に逸失利益や慰謝料について保険会社が争ってきましたが、事故によってAさんが被った不利益や被害等を踏まえて粘り強く交渉した結果、裁判例を踏まえた適正な逸失利益と、裁判基準以上の慰謝料を獲得することができました。

コメント

事故に遭われた際、弁護士に依頼したほうがいいのか、依頼するとしてもいつすればいいのか、悩まれる方も多いかと思います。事故の後すぐにご相談いただければ、後々不利益にならないような対応をすることができるようになりますし、負担の大きい保険会社とのやり取りや、後遺障害の認定の手続、示談交渉などを、初めの段階から全て弁護士に任せることができます。

このように、事故の後すぐに弁護士に相談等をするメリットは大きいですので、万が一事故に遭われてしまったら、すぐに当事務所にご相談ください。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。