短期間の交渉で休業損害と慰謝料を約30万円増額させた事例

事案の概要

Aさんは、自宅前に車を停車させ、車外に出ていたところ、車の後方から進行してきたBさんの車と接触する事故に遭いました。その後Aさんは、4か月間整形外科に通院しました。治療終了後に、Bさんの保険会社から賠償額を提示されたため、弊所に示談交渉を依頼されました。

解決までの流れ

受任後、弊所の弁護士は、保険会社の賠償提示額を検討しました。すると、休業損害と慰謝料は、自賠責基準によって算出されていたため、裁判基準で賠償額を再計算し、保険会社に提示しました。その後、弊所の弁護士は、保険会社との交渉を行い、結果的に、休業損害と慰謝料併せて約30万円を増額することで示談が成立しました。Aさんが弊所にご相談されてから約1か月での示談成立となり、早期の解決をすることができました。

コメント

保険会社からの賠償提示額は、ほとんどの事案で増額が可能です。加入されている自動車保険に付帯している弁護士費用特約を利用すれば、弁護士費用を実質的に支出することなく、弁護士に交渉を依頼することができます。交通事故の被害に遭われた方は一度弁護士にご相談ください。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。