約2か月の交渉で慰謝料等を100万円以上増額できた事例

事案の概要

Xさんご夫婦は、Yさんが運転する自動車に追突され、頚椎捻挫等の傷害を負いました。治療終了後、Yさんが加入する保険会社から慰謝料と休業損害額(以下「慰謝料等」)を提示されましたが、低額であると感じたXさんご夫婦が当事務所に相談に来られました。

解決までの流れ

Xさんご夫婦の怪我は完治していたため後遺障害の認定申請はせず、争点は慰謝料等でした。

当事務所の弁護士は裁判基準での慰謝料等を改めて算出し、保険会社へ請求を行いました。

保険会社から対案が提示されましたが、当事務所の弁護士は粘り強く交渉を行い、結果的に当初の提示金額から100万円以上増額した金額で示談が成立しました。

Xさんご夫婦が弊所にご相談されてから約2か月での示談成立でした。

コメント

ご相談から示談まで約2か月間の交渉でスピーディーに解決することができた事例です。

争点が慰謝料等だけの示談交渉でも、弁護士にご依頼いただければ早期に保険会社が提示する金額より増額できることが多いです。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。