個人再生申立を行なうことで負債約550万円を約110万円に圧縮した事例

事案の概要

15年ほど前、生活費補填を主たる理由として負債を増やしてしまったXさんは、都内の法律事務所に依頼して破産申立を行ない、免責許可決定を得ました。

免責から5年ほど経過した後、クレジットカードを作成したXさんは、家電や日用品の購入の際に利用するようになりました。
次第に金銭感覚が麻痺しクレジット払いの利用頻度が増加した結果、Xさんの負債総額は約550万円に膨れ上がり、毎月の返済に窮する状況に陥ってしまいました。

自力での生活再建が困難であると考えたXさんは、当事務所に相談されました。

解決までの流れ

担当弁護士は、Xさんから、負債の増えた理由、保有資産、現在の収支状況等を事細かに聴取し、個人再生手続きで解決を図ることとしました。

コメント

申立書の作成、必要書類の収集を行ない、裁判所に個人再生の申立を行ないました。
再生計画は無事認可され、約550万円の負債を約110万円に圧縮(負債の80%をカット)することが出来ました。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。