四輪自動車同士の物損事故で無保険の加害者と円満に示談が成立した事例

事案の概要

スーパーの駐車場でAさんが運転する自動車が通路を走行していたところ、Aさんから見て左方の駐車区画に停車していた自動車が突然発進し、Aさん車両の左側面後方に衝突しました。本件事故によりAさんの自動車は損傷したので、Aさんは修理費用を相手方に請求しました。ところが、相手方は任意保険に入っておらず、修理費用の支払を拒否しました。

困ったAさんは今後の対応を弁護士に委任しようと考え、当事務所にご相談くださいました。

解決までの流れ

当事務所の弁護士は早速、Aさんが被った損害(修理費用)について相手方の自宅に内容証明郵便を送付して請求しました。
相手方は任意保険に加入しておらず資力もないと説明し、過失相殺を主張してきました。
そこで、弁護士は裁判例等を相手方に示してAさんは無過失であることを説明し、こちらの請求に応じない場合はすぐに提訴する旨告げるなど、強気の態度で交渉しました。

何度か相手方と交渉した結果、相手方は徐々に態度を軟化させ、最終的には分割払いで請求金額の全額を支払うことで納得してもらうことができました。
その後、Aさんと相手方は示談書を交わし、Aさんは無事、相手方から賠償金を受け取ることができました。

コメント

交通事故の相手方が任意保険に加入していない場合、相手方と直接交渉しないといけなかったり、十分な賠償金を受け取ることができなかったりすることがあります。被害者の損害が怪我などの人身損害であれば、ある程度は自賠責保険に請求することで被害を回復することができますが、物損事故の場合は自賠責保険は使用できません。また、相手方は法律の素人ですので、自分の主張に固執し、交渉がなかなか進まないことが予想されます。そのような時は、専門家である弁護士に相談されることをお勧めします。

交通事故について疑問がある際は、当事務所までお気軽にご相談ください。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。