交通事故の被害に遭った被害者が適正な賠償を受けた事例

事案の概要

Xさんは自動車を運転中、交差点において、信号無視をしたYさんが運転する自動車に衝突されました。
Xさんは今後の賠償の準備のため、当事務所に相談に来られました。

解決までの流れ

Xさんの車は全損状態であり、Xさんは怪我もしていました。
当事務所の弁護士は適正な賠償額を算出し、Yさんが加入する保険会社に請求しました。
保険会社から対案が提示されましたが、当事務所の弁護士は粘り強く交渉を行い、結果的に当初の提示金額から大幅に増額した金額で示談が成立しました。

コメント

交通事故に遭った場合、加害者側には代理で交渉をする保険会社の担当者が付くことが多い一方で、被害者側には基本的にはそのような者は付かないため、交渉力に大きな差があります。
そのような時、弁護士に依頼することで交渉力の格差を埋め、適正な賠償を受けることができるようになります。
Xさんは当事務所に依頼することで、満足する結果を得ることができました。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。