約1か月の交渉で慰謝料を約40万円増額させた事例

事案の概要

Aさんは友人が運転する自動車に同乗して停車している際、わき見運転の自動車に後方から追突され、頚椎捻挫・腰椎捻挫の傷害を負いました。
治療終了後、相手方保険会社から賠償額が提示されたAさんは、同じ被害に遭った友人と慰謝料の金額が違うことを疑問に思い、当事務所にご来所されました。

解決までの流れ

Aさんの怪我は完治していたため後遺障害の認定申請はせず、争点は慰謝料額のみでした。
保険会社から届いた資料を確認したところ、友人は自分で裁判基準を調べて慰謝料を請求していたようで、このことがAさんと友人の慰謝料の金額が違う理由でした。
弁護士は裁判基準での慰謝料額を改めて算出し、保険会社へ請求を行い、交渉を開始しました。
保険会社は何度も刻むように少しずつ慰謝料額を増額する提示を行ってきましたが、弁護士は請求額の満額の回答が得られるまでは一切妥協することはできないとの姿勢を示した結果、最終的には当初の約30万から約70万円まで増額することができました。

コメント

ご相談から示談まで約1か月間の交渉でスピーディーに解決することができた事例です。
争点が慰謝料額だけの示談交渉でも、弁護士にご依頼いただければ保険会社が提示する金額より増額できることが多いです。
保険会社は被害者が法的知識に乏しいことに付け込んで低い慰謝料を提示してくることがあります。
慰謝料の金額にご不安をお持ちの方は、弁護士に相談されることをお勧めします。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。