慰謝料300万円請求されたが、最終的に0円で和解をした事例

事案の概要

妻帯者であるY氏は、夫がいるAさんとの間で不貞の関係を持ちました。これを知ったAさんの夫であるX氏は、代理人弁護士を通じて、Y氏に対して慰謝料を請求しました。その後、X氏の代理人弁護士とY氏の代理人弁護士との間で和解交渉が進められました。

Y氏の妻であるBさんは、初めのうちはY氏との離婚さえ厭わないと言っていましたが、次第に怒りが鎮まり、Y氏との婚姻関係を継続することに決めました。

そして、Bさんは、自分も被害者で、Aさんを相手取って慰謝料を請求できるのではないかと、当事務所に相談に来られました。

解決までの流れ

当事務所では、Bさんから依頼を受け、Aさんに対して慰謝料の請求をしました。また同時に、Y氏は、前任代理人から当事務所に代理人を切り替えることを希望されていたため、Y氏に前任代理人弁護士との委任契約を解消してもらい、当事務所がY氏の代理人としてX氏との交渉をすることになりました。

交渉の中で、X氏がY氏に対する慰謝料請求権を放棄するのであれば、交換に、BさんのAさんに対する慰謝料請求権も放棄するという、言うなればたすき掛けの清算を申し入れました。

最終的には、相手方代理人も当事務所の清算申入れの内容を全面的に承諾したため、Xさんも、Bさんも、どちらも慰謝料を請求しない(お金のやり取りをしない。)という和解合意が成立しました。

コメント

W不倫であっても、双方の夫婦が婚姻関係を継続する場合には、本例のようなたすき掛けにより、金銭の授受なしに紛争を1回的に解決することが可能です。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。