不貞慰謝料を200万円以上減額できた事例

事案の概要

Y(独身・男性)さんは,Aさん(既婚・女性)と不貞をしてしまいました。不貞の事実を知ったXさん(Aさんの夫)が,弁護士を通じてYさんに対して300万円の慰謝料請求をしてきたため,困ったYさんが当事務所に相談に来られました。

解決までの流れ

当事務所の弁護士は,Yさんから不貞の事実関係について詳細な聞き取りを行いました。弁護士は,Yさんから聞き取った内容を踏まえ,類似の裁判例も摘示しながら,Xさんの弁護士と交渉を行いました。

XさんのYさんに対する怒りは相当なものであり,訴訟も辞さない姿勢でしたが,話し合いを重ねる中で,YさんがAさんに対する求償権を放棄した上,Xさんに対して85万円を支払う内容の和解が成立しました。

コメント

配偶者がある人と肉体関係を持ってしまった場合,その配偶者から慰謝料請求をされる可能性があります。配偶者本人から,または弁護士を通じて請求を受ける場合がほとんどですが,請求を受けた場合には,すぐに弁護士に相談しましょう。弁護士が間に入ることで,直接相手方とやり取りする必要がなくなり,冷静に状況を把握することができますし,法律上適切なアドバイスを受けることができ,トラブルを早期にかつ穏便に解決することが可能になります。

Yさんは,請求を受けてからすぐに当事務所に依頼したことで,満足の行く結果を得ることができました。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。