婚約相手の浮気相手から慰謝料70万円を獲得した事例

事案の概要

Xさんは交際相手のAさんにプロポーズして,Aさんがこれを受け入れたため,2人は結婚に向けた準備を開始しました。XさんとAさんと同棲を始め,結納を行った後,約1年後に結婚式を挙げられるよう結婚式場の予約も行いました。

しかしながら,同棲後しばらく経つと,Aさんが別の男性Yさんと浮気をしていたことが発覚しました。仕事を早く終えたXさんが帰宅すると,AさんとYさんの浮気現場に遭遇してしまったのです。その後3人で話し合い,AさんとYさんから謝罪を受けたXさんは渋々許すことにしましたが,その後もAさんとYさんが関係を続けていることが判明したため,XさんはAさんとの婚約を解消させ,予約した結婚式場をキャンセルしました。

XさんはAさんから結婚準備にかかった費用等約100万円の返金を受けましたが,Yさんに対して慰謝料を請求したいと思い,当事務所にご相談に来られました。

解決までの流れ

依頼を受けた弁護士は,Yさんに対し慰謝料請求を行うためYさんの携帯電話に電話を掛けました。電話が繋がりYさんに慰謝料を請求する旨伝えると,YさんはAさんが婚約中と知りつつ肉体関係を持ったことを認めましたが,慰謝料は支払いたくないと言い出しました。何度か機会を別にしてYさんを説得しようと試みましたが,次第にYさんは電話を無視するようになり,Yさんと連絡が取れなくなってしましました(なお,Yさんの自宅住所は不明です。)交渉での解決は困難と判断した弁護士は,携帯電話番号からYさんの住所を特定し,損害賠償請求訴訟を提起しました。

訴訟において弁護士は,過去の裁判例を引用しつつYさんの行為はXさんの人格権を侵害する不法行為にあたること,YさんはAさんが婚約中であることを知っていたこと等を主張しました。

その後,裁判所からYさんが一定の金額を支払う内容の和解勧告がなされたため,Yさんとやり取りを重ね,結果的には,YさんがXさんに対し,解決金という名目で70万円を支払う形で和解が成立しました。

コメント

婚約者の浮気相手に慰謝料請求が認められるのは,「浮気相手が婚約の事実を知っていたこと」「浮気により婚約破棄されたこと」等の条件が満たされた場合に限られます。

その前提として,婚約の成否や婚約が破棄されたか否かについても争点になる可能性があります。

本事例では,早い段階から弁護士が介入し上記争点をクリアしていたため,無事に解決金を獲得することができました。

婚約破棄に関するトラブルは複雑な判断を要し専門的知識が必要になります。婚約破棄に関するトラブルで悩んでいる方は,まずは一度弁護士にご相談ください。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。