イラストをホームページに目的外使用した著作権侵害に対して、正規料金を支払うことにより解決した事例

事案の概要

Y社は、本件イラストを自社ウェブサイトに掲載していました。これに対して、著作権管理会社Xから著作権侵害通知が届きました。Y社が本件イラストの使用履歴を調査したところ、過去に、掲載料(ロイヤルティ)を支払って、本件イラストを社内機関誌に掲載していたことが分かりました。しかし、それをウェブサイト掲載するのは許諾外使用であり、著作権侵害です。

Y社はX社との間でこの問題を円満に解決するために当事務所を訪問されました。

解決までの流れ

当事務所は、直ちに、X社に謝罪文書を送り、侵害に至った事情、故意のないこと、損害賠償に応じることを伝えました。これに対し、X社からは、イラストのウェブサイト利用に対する同社の正規料金を支払えば和解に応じるとの回答を得ました。Y社は、直ちに正規料金をX社に支払い、X社と和解しました。

コメント

写真や絵画・イラストの利用許諾では、許諾の範囲について、常に何らかの制限が付いています。本件では、使用態様に制限が付いていましたが、このような制限があることはほぼ常識です。許諾範囲を超えてしまったのがうっかりミスであっても、その会社の知的財産に対する取組姿勢が疑われてしまうので、注意が必要です。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。