相手から誓約書を取り付け、夫婦関係を清算した事例

事案の概要

会社役員のXさんは、半年前に、Yさんと結婚しましたが、すぐにYさんのお金の使い方がルーズであったり、物にあたったりする性格に気づき、Yさんとの離婚を決意しました。

ところが、Yさんは、Xさんとの離婚を拒否し、様々な手段でXさんにしつこく連絡したり、Xさんの会社に押し掛けたりするなど、行動がエスカレートしていきました。

Xさんは一人では手に負えず、また、警察も十分な対応をしてくれないため、Yさんとの夫婦関係を清算し、二度とXさんの目の前に現れないようにするため、当事務所に相談に来られました。

解決までの流れ

すぐに当事務所の弁護士は、Xさんの代理人としてYさんとの交渉を開始しました。

Yさんを刺激しないように慎重にやり取りを重ねる中で、Yさんは、Xさんの家から退去すること、Xさんと離婚することに同意してくれました。その後もやり取りを重ね、Yさんとの間で、Xさんとは今後一切の接触をしないこと等を内容とする誓約書を取り付けることに成功しました。

コメント

報道でもあるように、夫婦関係の清算を当事者間でやろうとしても話が進まず、かえって思わぬトラブルに発展することがあります。そうした場合には、弁護士が間に入ることで、不要なトラブルを避けることができます。

Xさんは、弁護士に相談することで、無事に夫婦関係を清算することができました。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。