フランチャイザーに対してフランチャイズ契約の解約を申し入れ,予告期間相当分のロイヤリティ,違約金100万円を支払うことで合意解除した事例

事案の概要

Aさんは,B社との間でフランチャイズ契約を締結し,脱毛サロンを開業しました。しかし,いざ開業してみると赤字続きだったので,Aさんは廃業を決断しました。Aさんは,できるだけコストを掛けずに契約を解消したいと,当事務所を訪問されました。

解決までの流れ

契約書には,契約を解約するためには6か月の予告期間が必要であること,また,解約申入れ後も3か月間は営業継続義務があることが規定されていました。

当事務所は,B社に対して,予告期間6か月分のロイヤリティ支払,営業継続3か月によってB社が得られる収益相当額の損害賠償を申し入れました。損害賠償額に関する交渉の結果,B社の請求額200万円を100万円に減額する合意が成立しました。

Aさんは,B社に対して,6か月分のロイヤリティと損害賠償額100万円を支払い,契約を解除しました。

コメント

フランチャイズ契約は,特約店契約の一類型ですが,仕入販売だけではなく,フランチャイザーが商標やマークの使用許諾,販売ノウハウの提供,経営支援などを行い,フランチャイジーがロイヤリティを支払うという取引形態です。

契約を解除する場合,取引の終了,支給品・貸与品の返還・廃棄のほか,解約予告期間分のロイヤリティ支払,損害賠償,契約終了後の競業禁止など,フランチャイジー側に多くのコストが発生します。交渉によってこのコストを抑えることが重要です。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。