貞操権侵害に基づく損害150万円を賠償させ,交際を解消した事例

事案の概要

Mさんは,婚活サイトで知り合ったF氏と,結婚を前提に交際を始めました。F氏は自分は独身であると言い,どうせ結婚するからとMさんに関係を求め,Mさんはこれに応じました。交際を始めて間もなくMさんの妊娠が分かり,MさんはF氏にこれを打ち明けました。すると,F氏は,実は既婚者であったことを白状し,代理人弁護士を通じ,堕胎費用は折半にする,交際は解消したいと申し入れてきました。

Mさんは,F氏のこのような無責任な申入れには納得できないと,示談交渉を当事務所に委任されました。

解決までの流れ

当事務所では,F氏代理人に対して,独身であると偽って,結婚を餌にMさんを誘惑し,しかも妊娠させたF氏の責任は重大であると指摘し,謝罪と,堕胎費用を含む損害の賠償を求めました。

Mさんの請求額とF氏が提示した解決金額との間に大きなギャップがあり,交渉は難航しました。しかし,当事務所が交際の経緯を詳しく説明し,Mさんには何ら落ち度がないのに対し,すべての責任はF氏にあることを指摘すると,F氏代理人も,自己弁護に終始するF氏を説得する側に回り,他方,Mさんも譲歩した結果,関係の解消,F氏のMさんに対する謝罪,解決金150万円の支払を内容とする和解が成立しました。

コメント

解決金額150万円はいわゆる相場よりも高額です。当事務所がF氏代理人に,Mさんには全く落ち度がなく,全面的にF氏に責任があることを認めさせたことから,このような解決に至りました。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。