婚約者の背信行為に対し,短時日の交渉で婚約を解消した事例

事案の概要

Aさんは40歳の独身女性。結婚して子供を設けることを切望していました。Aさんは,Aさんが勤務していた会社の取引先の従業員男性B氏と交際するようになり,婚約にまで発展しました。Aさんは,結婚の条件として,できるだけ早く子供を設けることを求め,B氏もこれを了承し,同棲を始めました。

ところが,B氏は一向に子作りに協力しようとせず,その挙句に「育てていく自信がない」と言い出しました。Aさんは,約束を守らないB氏に対し,婚約の解消を求め,その交渉を当事務所に依頼しました。

解決までの流れ

当事務所は,Aさんの年齢を考え,できるだけ速やかに婚約を解消することを最優先にして,そのためにAさんには慰謝料請求をあきらめてもらい,B氏に対して婚約の解消だけを要求することにしました。B氏は,当初,子供のいない夫婦もあると述べて婚約解消には消極的でしたが,当事務所はB氏の背信性を指摘し,このまま結婚しても円満な関係を築けないとして,短時日の交渉で,B氏に婚約解消を承諾させました。

コメント

Aさんの強い希望を認識した上で,できるだけ早く子供を設けることを合意した以上,その合意を守ろうとせず,Aさんの信頼に背いたB氏には,婚約を解消されてもやむをえない事由があったといえるでしょう。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。