不貞行為の相手から慰謝料100万円を支払わせて和解した事例

事案の概要

Xさんは,夫であるA氏が,同じ職場の同僚であるY女と不貞行為を続けていることを知りました。Xさんは,A氏及びY女と面談し,それぞれから謝罪と交際を断つ約束とを取り付けました。ところがそれにもかかわらず,まだ交際を続けていたことを知り,Y女に対して慰謝料を支払わせたいとと当事務所に相談に来られました。

解決までの流れ

当事務所では,Y女の代理人に就いたB弁護士に対して,Xさんの心に伝わるような謝罪と,痛みを伴う償いを実行するよう申し入れました。B弁護士は当初50万円の慰謝料支払を提示しましたが,当事務所の説得により,Y女がXさんに100万円の慰謝料を一括で支払うことで和解が成立しました。

コメント

B弁護士の提示額は決して低すぎるとはいえません。しかし,当事務所は,職場が同じであることを考えると,Y女が二度とA氏の不貞の相手とならないようにするためには,痛い目に遭って懲りてもらう必要があると主張して,比較的高額の慰謝料を認めさせることができました。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。