有責配偶者が協議離婚できた事例

事案の概要

Xさんは、3年前にYさんと婚姻し、お子さんも生まれましたが、性格の不一致から、何度か別居を繰り返していました。そうした中、Xさんは職場でZさんと知り合い、不倫関係になりました。Yさんに不倫の事実を知られてしまい、Xさんはこれを機に離婚を切り出しましたが、Yさんに応じてもらえず、当事務所に相談に来られました。

解決までの流れ

当事務所の弁護士は、すぐにYさんと連絡を取りましたが、Yさんには離婚の意思が全くなかったため、話合いは数回に及びました。

弁護士が、Yさんに対し、既にXさんには婚姻を継続する意思がなく、元の結婚生活に戻ることは不可能であること、離婚に応じてくれるのであれば、ある程度Yさんに有利な条件を飲むことを提案するなどしました。

その結果、Yさんは離婚に応じてくれることになりました。

コメント

自身が不貞行為をしている等の、いわゆる有責配偶者からの離婚の請求は、裁判上認められにくく、相手方の同意がなければ、有責配偶者が離婚することは難しいのが現実です。

そうした中、本件のように、相手方との間に弁護士が入ることで、相手方を説得し、話し合いで離婚に応じてもらうことが可能となるケースもあります。

Xさんは、当事務所の弁護士に依頼することで、満足の行く成果を得ることができました。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。