離婚に際し、ペアローン付き共有名義のマンションがいわゆるオーバーローンの状態の場合に、配偶者の一方が、ローン全額を引き受けて単独名義とし、居住を継続することを合意した事例

事案の概要

Xさんは、夫Yさんに対して離婚調停を申し立てました。財産分与に関し、ペアローンを組んで購入した共有名義のマンションがありましたが、ローン残高がマンション価格を上回る、いわゆるオーバーローンの状態でした。家を出て別居したYさんは、住んでもいないのにローンだけを負担することは受け入れられないと主張しました。

解決までの流れ

当事務所は、Xさんの収入だけでローンを返済することは不可能ではないことから、金融機関と交渉してXさんの単独のローンに切り替えることを認めてもらい、YさんからはYさんの持分を無償で譲り受け、Xさんが単独所有となって居住を継続し、単独でローンを支払うという財産分与合意が成立しました。

コメント

この事案では、Xさんにローン返済能力があったので、Xさんが所有権もローンも自分の単独名義にして、居住を継続するという選択が可能でした。ローン返済が続けられるのであれば家賃を払うのと同等なので、オーバーローンのまま売却して残ローンが残るというやり方より、はるかに賢明と言えます。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。