元不倫相手から請求された慰謝料を大幅に減額した事例

事案の概要

Aさんは数年前に職場の同僚と不倫をしていました。交際を解してから数か月後,不倫相手の女性はAさんに慰謝料200万円を請求してきました。女性の言い分は意に反して不倫関係を強いられて精神的苦痛を被ったから慰謝料を払って欲しいというものでした。円満に不倫関係を解消させたと思っていたAさんはどのように対応したらよいか不安を感じ,当事務所にご相談されました。

解決までの流れ

相談を受けた弁護士はAさんから詳しい事情を聞き取り,Aさんの説明を裏付ける証拠となるメールのやり取りを確認しました。その結果,弁護士はAさんの言い分(女性との交際はお互いに好意を持って開始したもので,性格の不一致や仕事への影響を避けるため協議の結果,お互い納得して別れた)が概ね正しいと判断し,慰謝料の減免を求めて女性と交渉しました。

弁護士が女性と話し合いをしたところ,女性の本音が,本当のところが交際を解消させたくなかったのに,Aさんから嫌われることを恐れて仕方なく交際解消に応じた,というものであることが分かりました。弁護士はAさんにこのことを伝えると,Aさんは女性の心情に配慮し,一定の解決金を支払う意向を示しました。

その後も女性と交渉を重ね,最終的には20万円を支払うことで和解をすることができました。

コメント

男女トラブルでは本人同士の感情の対立が大きく,なかなか妥協点を見つけることができないことがあります。今回のケースでは,慰謝料請求してきた女性の真意を理解することが解決の肝になりました。女性もどうしてよいかわからなかったというのが真実だったかも知れません。本人同士ではなかなか話し合いを進めることが難しいケースもありますので,その時には弁護士に相談されることをお勧めします。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。