離婚を希望していた依頼者が,離婚をせずに夫婦関係を修復した事例

事案の概要

Xさんは,Yさんと婚姻し,お子さん2人に恵まれましたが,Zさんと不貞行為に及んだ挙句,これが発覚したため,これを契機にYさんとの離婚を決意しました。

Yさんに代理人が付いたため,Xさんが当事務所に相談に来られました。

解決までの流れ

当事務所の弁護士は,すぐにYさんの代理人と離婚条件についての交渉を開始しました。

Yさんは離婚を望んでいないようでしたが,Xさんが離婚を望むならば,適切な離婚条件の下,これに応じる,というスタンスでした。

Xさんは,離婚条件を詰めていく中で,夫が不貞行為をしたにも関わらず,離婚を望まず,自分の帰りを待つYさんの気持ちや,お子さんの気持ちに改めて気付き,離婚をしないことにしました。

すぐに弁護士はYさんの代理人と,XさんとYさんの婚姻関係を修復するために何が必要かを話し合い,その結果を取りまとめた合意書を取り交わしました。

その結果,Xさんは元の夫婦生活を取り戻すことができました。

コメント

離婚条件を詰めていく中で,代理人として弁護士を付けることは,法律上のアドバイスを受けることができるという点や,直接相手とやり取りをすることがなくなるため,冷静に今後を考えることができる,という点で非常に有益です。

また,仮に離婚を望まなくなった時にも,弁護士を付けていることで,離婚条件の交渉から,婚姻関係を修復するための条件の交渉にスムーズに切り替えることができます。

Xさんは,当事務所の弁護士を活用することで,満足の行く結果を得ることができました。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。