離婚後の申立てにより年金分割調停が成立した事例

事案の概要

Cさん(妻)とKさん(夫)は協議離婚をすることになりました。このとき,子の親権者をCさんにすることは合意しましたが,養育費や財産分与,年金分割については合意が成立しませんでした。Cさんは,離婚成立から6か月後に,これらの問題を解決することを当事務所に依頼されました。

解決までの流れ

当事務所は,他を後回しにして,まずは年金分割の問題を解決することとして,年金事務所から情報通知書を入手し,年金分割の按分割合を定めることを求める調停を申し立て,按分割合を0.5とすることを請求しました。Kさんは,当初は0.5という按分割合に不服でしたが,調停委員の説得を受け入れた結果,按分割合を0.5と定める調停が,1回目の期日で成立しました。

コメント

夫婦が離婚する場合,さまざまな付帯条件を決めなければなりませんが,中にはそれらが決まらない場合もあります。Cさんのケースでは,他に比べて年金分割が一番手っ取り早いので,それだけを求める調停を申し立てました。もちろん,間を置かずに養育費や財産分与についても調停を申し立てており,手続きが進行中です。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。