離婚後に公正証書による年金分割の合意をした事例

事案の概要

Yさん(妻)とKさん(夫)は協議離婚をすることになりました。このとき,子の親権者をYさんにすることは合意し,離婚届を提出しましたが,養育費や財産分与,年金分割については合意が成立しませんでした。Yさんは,離婚成立から6か月間,Kさんと話合いを続けましたが,とうとう自力で交渉することを諦め,これらの問題の解決を当事務所に依頼されました。

解決までの流れ

当事務所は,Kさんとの間で交渉を進め,養育費と財産分与については,順次合意に至りましたが,Kさんはどういうわけか年金分割には非協力的でした。当事務所は,協力してくれなければ調停を申し立てることになる,一度だけ公証役場へ来てくれればよいからとKさんを説得しました。Kさんは説得を受け入れ,年金分割の按分割合を0.5とする公正証書の作成に応じました。Yさんは,その公正証書に基づいて,単独で年金分割の手続きをとりました。

コメント

夫婦が離婚する場合,年金分割の按分割合を定めるのが通例ですが,元の夫婦二人そろって手続することが原則です。公正証書は,裁判と同様に,単独で年金分割手続きができる方法の一つです。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。