フランチャイジーに対して,信頼関係の喪失を理由にフランチャイズ契約を解除した事例

事案の概要

A社(フランチャイザー)はT氏(フランチャイジー)との間で脱毛サロンのフランチャイズ契約を締結し,脱毛機器や,操作マニュアル,営業マニュアル等一式を送りました。しかし,A社が脱毛機器の販売代金を請求すると,T氏はレンタルであると主張し,支払を拒否し,A社の契約違反であるとして加盟金の返還を請求してきました。T氏の請求があまりにも執拗であったため,A社は困り果てて当事務所を訪問されました。

解決までの流れ

当事務所は,T氏に対して,レンタルではなく購入であったことを裏付ける証拠を提示して,説得を試みました。しかし,Tさんの執拗な請求は止まりませんでした。

契約書には「信頼関係の喪失」が解除事由の1つとして規定されていました。当事務所は,説得を諦め,「信頼関係の喪失」を理由にT氏とのフランチャイズ契約を解除し,脱毛機器の返還を請求し,約定により加盟金は返還しないことを告知しました。

この状況がしばらく続きましたが,T氏はようやく加盟金の返還を諦め,A社も脱毛機器の返還を諦め,事態は収束しました。

コメント

フランチャイズ契約は,特約店契約の一類型ですが,単なる仕入販売に止まらず,フランチャイザーが商標やマークの使用許諾,販売ノウハウの提供,経営支援などを行い,フランチャイジーがロイヤリティを支払うという継続的な取引形態です。

この意味で,相互の信頼関係の構築・維持が契約関係の存続に不可欠です。信頼関係が失われてしまった場合には,契約を終了せざるを得ません。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。