婚約者の背信行為について,高額の慰謝料が支払われた事例

事案の概要

N氏はYさんを見初め,交際を始めました。半年後,Nさんの誘いにより,YさんはNさん宅で同棲を始めました。交際開始から2年後の正月休みには双方の実家を訪問し,それぞれの両親にあいさつしました。結婚式場を見て回ったこともありました。双方の両親の顔合わせもしました。Yさんは,勤めていた会社を退職しました。1日も早い入籍を希望し,N氏に対して婚姻届に署名するよう求め,N氏もこれに応じて署名をしました。役所へは二人で届を出そうと,待合せをすることにしました。しかし,待合せ時刻を過ぎてもN氏は待合せ場所に現れませんでした。その日以来,N氏は家に戻って来なくなり,連絡も取れなくなりました。Yさんも結婚を諦めました。

Yさんは,N氏の行動を許すことができず,慰謝料を請求したいと当事務所を訪問されました。

解決までの流れ

当事務所は,N氏に対して婚約不履行を理由に慰謝料を請求しました。これに対し,N氏は「結婚しよう」と言ったことは一度もない,と一切の責任を否定しました。事実,N氏が「結婚」の2文字を口にしたことはありませんでした。

しかし,過去の言動や,婚姻届まで書いたことなど,婚約の事実を立証することは十分に可能でしたから,当事務所は慰謝料請求訴訟を提起しました。裁判上の和解の席上,N氏側から慰謝料100万円の提示がありましたが,当方は,本件では低額に過ぎるとして200万円を要求し,結局,N氏の謝罪文と慰謝料160万円で和解が成立しました。

コメント

本件では,有責性を一切認めないというN氏の態度が,傷ついたYさんを一層硬化させました。そのために訴訟にまで発展し,高額の慰謝料支払に繋がりました。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。