スタジオ建設後に判明した漏水に関して,施工業者から修補に代わる損害賠償が支払われた事例

事案の概要

C社は,A社に発注してスタジオを建設しました。ところが数か月後,まとまった雨が降った時に雨漏りが判明しました。スタジオ内にあった音響機器や映像機器にも被害が出ました。A社は補修工事を試みましたが,漏水は収まりませんでした。このままではスタジオとして運営ができません。

C社は,今後の対応について,当事務所に相談に来られました。

解決までの流れ

当事務所は,C社に,漏水に関して他社に補修工事を依頼し,その代金相当額をA社に損害賠償請求することを提案しました。その上で,A社と交渉した結果,次のような和解がまとまりました。

1 A社は,和解成立までに生じた機器の修理代,営業損害などを賠償する。
2 A社は,他社に漏水補修をさせた場合の工事代金,和解成立後,補修完了までに発生する営業損害額等を賠償する。
3 2の賠償額を固定額で350万円とし,和解成立後,直ちに支払う。ただし,実損害額との清算はしない。

こうしてC社は,賠償金を得て,他社に漏水補修工事を発注しました。漏水は収まり,営業損害も少額で済みました。その額は,Aから得た賠償額を下回り,1の賠償額と合わせて,被害額を全額回収することができました。

コメント

この事案で,2の補修工事代金の賠償は,旧民法では「修補に代わる損害の賠償」といわれていたものです。新民法ではこの言葉はなくなっていますが,このような内容の賠償を請求できることに変わりはありません。

なお,C社は賠償責任保険に入っていたので,当方の請求に沿う賠償額が保険会社から支払われました。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。