詐欺未遂で起訴された依頼者が,執行猶予付き判決を獲得した事例

事案の概要

Xさんは,書店で売られていた書籍の値札を張り替え,売値よりも安い金額で書籍を買おうとしたとして逮捕されました。

突然Xさんと連絡が付かなくなったXさんのご家族が当事務所に相談に来られました。

解決までの流れ

当事務所の弁護士は,ご家族の相談を受け,すぐに警察署へと向かい,Xさんと接見しました。警察署でXさんから事情を聞くとともに,Xさんに対し,刑事手続の流れ等を説明し,今後の方針を固めました。Xさんとの接見後,弁護士はXさんのご家族とも協議し,被害店舗と示談をすることにしました。

弁護士が,Xさんが反省していることや,そのご家族も被害弁償に協力する予定であることを踏まえ,真摯に被害店舗の店長さんと話し合いをしたところ,店長さんは示談に応じて下さることになりました。

弁護士は,ただちにXさんと被害店舗との間で示談が成立したことを書面にまとめ,検察官に報告したところ,Xさんは勾留満期を待たずに釈放されました。

ところがその後,Xさんは,起訴されてしまいました。

弁護士は再度Xさんやそのご家族と裁判に向けた打合せを行い,身元引受人としてXさんの奥さんに裁判で証言してもらうことになりました。

弁護士は,裁判のためだから,ではなく,今後のXさんの人生のために,家族や夫婦間で話し合いを持ち,今後の更生に向けた取り組みを検討するようにアドバイスし,Xさんとご家族は真剣に今後に向けた話し合いをしました。

Xさんの家族間での話し合いを踏まえ,弁護士が,Xさんが真摯に反省していることや,更生環境が整っていることを裁判で立証した結果,Xさんは執行猶予付きの判決を獲得することができました。

コメント

Xさんは,逮捕直後の段階から弊所にご依頼いただいたことで,弁護士が迅速に対応することができ,勾留満期を待たずに釈放されました。

また,Xさんやそのご家族と捜査段階から緊密にやり取りし,事情を把握している弁護士が,裁判に向けたアドバイスをすることで,有利な判決を獲得することができました。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。