建造物損壊事件で逮捕された被疑者を早期釈放し、かつ、不起訴処分を勝ち取った事例

事案の概要

フリーターのXさんが、酔った拍子にコンビニのドアを壊したとして逮捕されました。

解決までの流れ

受任後すぐ、当事務所の弁護士は、検察官に対して意見書を提出し、勾留請求をしないように要請しました。その甲斐あり、検察官はXさんに対する勾留請求をせず、Xさんは逮捕から2日後にご家族の元へ帰ることができました。

その後、弁護士は、被害者の方と連絡を取り、真摯にやりとりをする中で、示談をすることができました。

その結果、検察官はXさんを不起訴としました。

コメント

建造物損壊事件のような財産犯は、被害者の方との示談の成否がその後の処分に大きく関わります。特に、コンビニでの事件となりますと、実際の被害金額を負担したのが被害者の方ではなく、保険会社となるケースもあり、複雑です。

そのようなケースでも、弁護士が間に入ることで、被害者の方にも配慮した、迅速な対応が可能になります。

Xさんは、不起訴となったことで、前科もつかず、日常を取り戻すことに成功しました。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。