不貞相手の配偶者に支払う慰謝料を大幅に減額した事例

事案の概要

Aさんは職場の同僚男性と不倫関係にありました。ある日,Aさんのもとに不倫相手の妻の弁護士から慰謝料300万円の支払を求める内容証明郵便が届きました。Aさんは不倫関係を認めていましたが,高額な慰謝料を減額したいと思い,当事務所の弁護士にご相談くださいました。

解決までの流れ

ご相談時にAさんは,高額な慰謝料の減額に加え,Aさんの夫に知られることのないよう解決したいと希望されていました。

ご依頼後,すぐに弁護士は,相手方の弁護士と交渉を始めました。当事務所の弁護士は,相手方夫婦の関係が破綻したわけではないこと,不貞の態様が悪質とはいえないこと,過去の裁判事例における相場などを理由に,減額を求めました。そして,何度も交渉を重ねた結果,Aさんが不倫相手の男性に対する求償権を放棄し,妻に慰謝料50万円を支払うことで合意に至りました。Aさんには,裁判を起こされることなく解決することができて,安心していただけました。

コメント

今回のように,突然相手方の弁護士から慰謝料請求の連絡が来ることもあります。ご自身だけで,法律のプロである弁護士と対等に交渉するのはとても困難です。弁護士にご依頼いただければ,あなたの代理人として慰謝料の減額だけでなく,裁判に至らず和解できる可能性を目指して交渉します。まずは当事務所までご相談ください。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。