10年以上にわたって未払が累積した養育費について、消滅時効未完成分の未払額を一括支払することで和解した事例

事案の概要

Eさんは、10数年前にSさんと離婚することになり、子の親権者はSさんとし、EさんはSさんに養育費として月3万円を支払うという協議離婚が成立しました。しかし、まもなくEさんは支払を延滞するようになり、転職がきっかけとなって支払を止めてしまいました。

しかし、その後、Eさんは順調に出世し、また、勤務先の業績も向上したため、勤務先から付与されていたストックオプションを行使することにより、まとまった資金を調達できるようになりました。Eさんは、これを機に10年以上不払となっている養育費の問題を清算したいと考えて、当事務所を訪問されました。

解決までの流れ

当事務所は、Sさんに対して、一括清算を申し入れました。これに対するSさんの代理人の要求は、未払額総額、これに対する遅延損害金及び慰謝料の合計でした。当事務所は、時効消滅した分の不算入や、不払にも宥恕すべき事情があったとして請求総額の減額を申し入れました。交渉の結果、時効消滅していない10年分の養育費360万円を一括支払するという内容で和解が成立しました。

コメント

この事案ではストックオプションの行使という好機が訪れたことが大きなきっかけでしたが、EさんもSさんも、大人の対応をしたために和解に至ることができました。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。