不貞行為の相手方配偶者から請求された慰謝料500万円の減額に成功した事例

事案の概要

Aさん(妻子持ち)は、既婚者であるXさんと出会い系サイトを通じて知り合い、まもなく不貞の関係になりました。

数か月後、AさんとXさんの不貞が、Xさんの夫であるY氏に発覚してしまいました。
これをきっかけにXさんY氏は離婚しました。
また、これ以降AさんからXさんに連絡がつかなくなってしまいました。

しばらくして、Aさんのもとに、Y氏の代理人弁護士から慰謝料500万円の支払を求める内容証明郵便が届きました。

本件請求について交渉をiしてもらうため依頼するため、Aさんは当事務所に相談に来られました。

解決までの流れ

本事案では、XさんとY氏が離婚したという点で、Aさんに不利な事情がありました。
また、Aさんは、①何としても訴訟は避けたい、②妻にバレたくない、③一日も早くトラブルから解放されたい、との希望でした。

こうした事情を踏まえ、担当弁護士は相手方代理人と交渉を進め、最終的に150万円を一括払いするという内容の和解を成立させました。

コメント

本件では、こちら側に不利な事情があったことから、こちらがある程度譲歩せざるを得ない状況でした。
また、Aさんの希望も満たすよう慎重に交渉を進め、無事に和解を締結させることができました。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。