不貞を疑われた依頼者が、慰謝料を大幅に減額できた事例

事案の概要

Xさんは、昔からの知り合いであるYさんと何回か一緒に登山に行く等して遊んでいました。XさんとYさんとの間で肉体関係はありませんでしたが、Yさんの夫であるZさんが、XさんとYさんとの不貞を疑い、Xさんに対し、慰謝料を請求してきました。

困ったXさんが、当事務所に相談に来られました。

解決までの流れ

当事務所の弁護士は、すぐにZさんと話し合いを始めました。Zさんは、不貞が行われたことを証明するような証拠は持っていないはずでしたが、不貞を伺わせるような画像を所持しているようで、訴訟提起も辞さない覚悟でした。

Xさんとしては、不貞があったことについては認めないが、早期解決を図ることができるのであれば、と考え、一定程度の金額を支払うことにしました。

弁護士は、Zさんと再度交渉し、当初の請求金額(500万円)から大幅に減額した金額(200万円)で合意することに成功し、その内容で書面を取り交わしました。

コメント

不貞慰謝料を請求された場合、いくら支払うことになるのか、裁判になってしまうのか等々わからないことが多いと思われます。

弁護士に依頼することで、弁護士からの法的なアドバイスを受けながら、弁護士が代わりに相手方との交渉をしますので、精神的にも落ち着いた状態で適切な判断をしていくことが可能になります。

Xさんは、当事務所の弁護士を活用することで、満足の行く結果を得ることができました。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。