不動産投資に失敗して増大した約3,100万円の負債を0円にした事例

事案の概要

Bさんは、3年前に、知人の不動産コンサルタントから不動産投資を勧められました。Bさんは、以前から知る友人からの勧誘だったことから次第に興味を持ちました。その後、その知人から不動産の仲介業者を紹介され「賃借人を見つけるのに時間はかからないし、月10万円以上の賃料を設定できるよ。」等の説明を受け、投資に対するリスクは少ないと判断して購入を決め、金融機関から3100万円借りて中古マンションを購入しました。しかし、結局、賃借人は見つからず、Bさんは、収入に見合わない住宅ローンを返済しなければなりませんでした。

Bさんは、マンション購入によるストレスを解消する目的から、エステティックサロンでの全身美容契約を締結し、その費用約76万円をカードで払いました。

最終的に住宅ローンとその他一般債権の総額が3,000万円を大きく超え、返済ができなくなったBさんは当事務所に相談に来られました。

解決までの流れ

Bさんから事情を確認したところ、実際の負債総額は住宅ローンを含めて3,125万円であったこと、また、3,125万円を分割して支払うことはできないこと、そして、購入したマンションを売却する意思があったことから、破産手続で解決を図ることにしました。

コメント

債務を増やしてしまったことを反省し、仕事をしながらも、破産手続に真摯に向き合ったBさんは、結果的に、マンションの購入は賃借人が見つかれば収入の範囲で返済できた可能性があったこと、また、エステティックサロンとの契約は、収入から分割して支払うことができたとされ、ともに免責不許可事由に当たらないと判断され、無事、免責を得ることができました。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。