訴訟で不貞慰謝料として165万円を獲得できた事例

事案の概要

Xさんは、配偶者のZさんが単身赴任先で不倫をしているとの疑いを持ち、Zさんに問い詰めたところ、ZさんはYさんと不倫関係にあることを認めました。そして、Xさんは、Yさんに電話し、不倫関係をやめるよう伝えました。しかし、その後もZさんに怪しい言動があったため、Xさんは探偵を雇い、Zさんの調査をしたところ、ZさんとYさんの不倫関係が続いていたことが判明しました。そこで、Xさんは、弊所にYさんに対する不貞慰謝料請求をご依頼されました。

解決までの流れ

弊所の弁護士は、受任後、Yさんに対し、内容証明郵便を送り、慰謝料の支払を求めました。すぐにYさんに弁護士が就き、交渉になりました。Yさんは不倫関係にあったことは認めたものの、XさんとZさんが離婚していないため、高額の慰謝料は払えないと主張しました。結局、金額に折り合いがつかず、交渉は打ち切りとなったため、Yさんに対し、訴訟を提起しました。

訴訟では、不倫関係を立証する証拠が十分に揃っていたため、早期に和解の話し合いとなりました。訴訟中にXさんとZさんは離婚したことから、裁判官の説得もあり、最終的に165万円での和解が成立しました。

コメント

不貞慰謝料を請求する事件は、交渉でまとまることが多いですが、本事例のように金額で折り合いがつかなかったり、そもそも相手方が不貞関係自体を争っているような場合には、訴訟を提起せざるを得ない場合があります。なので、交渉を開始する前段階で勝訴できるように証拠を集めるなど準備をしていくことが重要です。法律相談では、証拠収集についてのアドバイスをさせていただくこともできますので、不貞慰謝料請求を検討されている方は、一度弁護士に相談することをお勧めします。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。