不貞慰謝料300万円を獲得した事例

事案の概要

Xさんは、妻であるYさんの不貞が原因で離婚しました。XさんとYさんは、離婚時には慰謝料や財産分与について取り決めをしませんでしたが、離婚後、Yさんに対して慰謝料を請求する意思を固めたXさんが、当事務所に相談に来られました。

解決までの流れ

当事務所の弁護士は、すぐにYさんの代理人と交渉を始めました。

Yさんの代理人は、Yさんに不貞があった事実は認めたものの、慰謝料の減額を試み、また、財産分与をすることを要求してきました。

しかし、当事務所の弁護士は、不貞行為が悪質であることを主張して減額の提案を飲まず、また、財産分与についても、Yさんが提案してきた試算結果の誤りを指摘し、XさんがYさんに対して分与する財産はないと主張しました。

そうした交渉の結果、Yさんは、財産分与を放棄し、慰謝料として300万円を支払うことで和解に応じました。

コメント

夫婦間での不貞慰謝料請求は、財産分与等の法律上の問題も絡み、複雑です。弁護士を間に入れることで、そうした問題について的確なアドバイスを受けつつ、交渉することできます。

法律相談の受付

03-6408-8600(平日9:00~20:00)

ご相談予約フォーム(24時間受付 )

初回無料相談。当日・土日祝日・夜間の相談も可能な限りご対応いたします。